仏像制作を中心に作(創)ること、幸せに生きることを綴ります

亡骸担当

2023/06/26
雑記

野生動物の死骸に出くわすことがちょくちょくあります。先日はカラスが道端で死んでいるのを出掛けた先で見つけ、市に電話して処理をしてもらいました。車にはねられたみたいでした。

15年くらい前にも死にかけたカラスを拾ったっけ…と思い出しました。

その前に、コウモリだったんですよ。←ペンギン はてな

ある日、自転車でAEONへ行こうと思ったら自転車の下にコウモリが落ちてました。まだ息があったので何か入れる物を…と思ってティッシュ箱を取りに家へ入り、戻ってきたらこと切れてました。

庭へ埋めてやりました。AEONへ行く気はすっかり失せましたペンギン 昇天

その2週間後の夕方、今日こそはAEONへ行こう!と自転車に乗り、AEONまであと数分の交差点まで来ました。交差点の歩道脇にカラスが転がってました。ぐったりして動かないけどまだ息がある…うーん、仕方ない。

近くでダンボールをもらい、自転車に乗せて家へ帰りました。餌を食べている時に車にはねられたんじゃないかなぁ。保温用のタオルを入れて、バッチフラワーのレスキューレメディをスプレーしてやり、静かな部屋へ置きました。イメージ 蓮の花

たとえ間もなく死ぬ運命であっても、周りから無視されて放置されたまま死ぬよりは、何か分からん変なとこへ連れていかれてでも、静かな温かい場所で死ぬ方が落ち着くかなぁと思いまして。

何度かそーっと見に行ったんですが、途中で意識を取り戻してキョロキョロしていたので「ここは私んちだよ。もし明日まで命があったら、獣医さんとこへ連れて行ってあげる(野生動物を持ち込めるのは、静岡県中部では日本平動物園だと確認済み)」と声をかけました。もう臨終が近いのは見て取れたのだけどね。可能性は否定しない。

翌朝には息絶えていましたが、意識を取り戻したときの「え???ここどこ!?」な表情が可愛かったなぁ。すぐにまた意識を失ってしまったけどね。

にしても、私をAEONへ行かせない陰謀(笑)でもあるのか、と本気で思ったのでした。

他にも、頭を食われた小さなヘビが庭に落ちていたり(犯人はカラスか猫か)、大雨の後のベランダでハトのひなが死んでいたり(なんでこんな所へ巣を作っちゃったかね)、うちの庭には色んな動物が眠ってます。

野生動物を保護する羽目になった人って、大体はその個体が生き延びるために手を貸すのだと思うのですが、私の場合は埋葬です。こういう役回りなんだろうと、小仏さまを創っている今は理解しています。

関連記事

※記事中の紹介商品にAmazon、楽天市場への広告リンクを含みます

↑コメント(非公開)もこちらから可能